【ランサムウェア】国内の被害状況と対策

【ランサムウェア】日本における被害の実態と求められる対策

ramsomware_main.png

 

国内のランサムウェア被害状況


皆様もご存知の通り、昨今ランサムウェアの被害が増加しており、2020年の某調査によると日本国内においては以下の動向が見られます。

【国内ランサムウェア被害動向】
・40%を超える企業が、ランサムウェア被害経験有り
・30%を超える企業が、身代金の要求に応じる
・暗号化を防げた企業は、僅か5%程度
・復旧費用は、世界第2位の220万ドル

ransomware_higai.png

 

セキュリティマネジメント(運用)の必要性


増加するランサムウェア攻撃を完全に防御することは難しく、対策として重要なのは「攻撃された場合に、被害を如何に抑えられるか」です。そして被害を抑えるためには「事前の対策や、日々の運用が必要不可欠」になります。

【ランサムウェアの事前対策例】
・不審なメールや通信の監視体制(24/365)
・セキュリティマネジメント(SOC)
・万一の際のバックアップ体制

 

▼セキュリティ運用を担うSOCとは?▼

Youtube.jpg

 

▼セキュリティ運用とは▼

SECURITYマネジメントとは_btn.png

  

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

■その他セキュリティサービス

https://www.psc-securities.com/

関連トピックス

【WAF選定基準】IPA発表「2022セキュリティ10大脅威」

【WAF選定基準】IPA発表「2022セキュリティ10大脅威」

2022.08.04

【10大セキュリティ事件】最新手口とその対策

【10大セキュリティ事件】最新手口とその対策

2022.03.10

【2021総集編】10大セキュリティ脅威とは!?

【2021総集編】10大セキュリティ脅威とは!?

2021.12.28