イーストウエストコンサルティング株式会社 様

オンプレとクラウドの融合により、システムを常に最新でセキュアな状態に。

イーストウエストコンサルティング株式会社 様

設立 1987年3月
資本金 1億円 ※2023年4月現在
従業者数 100名 ※2023年4月現在
イーストウエストコンサルティング株式会社

イーストウエストコンサルティングは日本最大手のエグゼクティブサーチ会社です。幅広いプロフェッショナル人材のネットワークと最先端の情報システム技術を効果的に駆使し、クライアントの皆様が必要とされる、グローバルで活躍できる優秀な人材を発掘、評価し紹介しています。

※2023年7月 インタビュー当時

導入製品 / サービス

 

Good Point


  • Microsoft製品、特にAzureに対する深い知見
  • ユーザー視点・要望に寄り添う柔軟な対応力
  • 堅牢なセキュリティ対策運用コスト削減の両立

 

 

サービス導入前の課題


PSC 小笠原)Azure Stack HCIアセスメントサービス導入に至った経緯をお聞かせください。

 

柔軟性と迅速性を加速し、最も安全なシステムを追求。

当社は創業当初から事業の性質上、データベースを保有。社内にサーバールームを設け、オンプレミスで19台のサーバーを運用していました。

24時間体制で冷却装置が稼働するなど維持費も逼迫。セキュリティの脆弱性対応、ソフトウェアの非互換性対応などに割く工数が増えていました。また、サーバーを構築する際には都度人員を増員する必要がありました。つまり管理工数削減の観点、安全性の観点、柔軟性、迅速性の観点が課題でした。

 

そこで社内システムの一新として、クラウドリフトを一つの選択肢としてピックアップ。しかしクラウド化に多くのメリットを感じていたものの、不安もありました。それは、運用を自らではなくアウトソーシングする点、そして大切な基幹データを社外で保管する点。私たちのビジネスの性質上、どの企業もが持っている人事名簿を、一挙に抱えているような状態です。今回のサービス導入と同時に、様々なセキュリティ対策を併用することで、一番安全にアウトソーシングをする選択ができたと思います。

 

業務効率性の追求だけでなく、コストの見直しと非常時の対策。

また、ネットワークやサーバの構築、システムの開発など自由自在な裏返しとして情報システム部門の管理運用工数はもちろん、経済的コストも増大していきます。スポット的な対応が重なると何百万円単位になることもしばしば。他の課題点を強いて言えば、企業サスティナブルの観点。すなわち災害時にはオンプレ環境ですと、物理的な機器が故障したりすることでシステムダウンなどの影響が出る可能性があります。いざという時の備えを確保していくことも、大切な個人情報を扱う私たちにとって非常に重要なテーマです。

 

サービスの選定理由


PSC 小笠原)Azure Stack HCIの選定理由、また数あるSIerの中で当社を選んで頂いた理由を改めてお聞かせください。

 

セキュリティの観点からは、完全なクラウドシフトは不安。オンプレミスのセキュリティや規制上の制限に対応しながら、クラウドの柔軟性や拡張性を享受。「イイとこ取り」できるシステムを模索していました。そこで以前よりお付き合いのあったPSCさんへ実情を相談。オンプレミスとクラウドの良いとこ取りした「ハイブリッドクラウド環境」をご提案頂きました。それは、Azureとの互換性が高いAzure Stack HCI。仮想化された Windows および Linux のワークロードとそのストレージを、オンプレミス インフラストラクチャを Azureクラウドサービスと組み合わせたハイブリッド環境。クラウド、オンプレミス双方で同じ開発、運用、管理の手法を採用できる事が選定に 大きく影響しました。

 

PSCのアセスメントサービスが「選ばれる理由」

経済性と機能性の両立

オンプレ・クラウド双方の実績

セキュリティ不安解消の提案

管理工数削減のプラン

 

Microsoft Cloud Partner Program認定FastTrack Ready Partner認定マイクロソフトジャパンパート―オブザイヤー アワード受賞

 

また、PSCさんとは元々お付き合いがあり、本件ではPSCさん一択でした。前述のようにオンプレミスの魅力もクラウドの魅力も捨て難い状況。柔軟性や迅速性を追究しながら、安全性も担保したい。さらには経済的コストも削減したい等、私たちの厳しい要件に寄り添って頂けたのはPSCさんだからこそと感謝申し上げます。それこそPSCさん自身の提案力が「柔軟性・迅速性のある対応」であり、導入して頂いたAzure Stackと同様ですね(笑)。その対応力の源泉はMicrosoftに対するPSCさんの深い知見と捉えています。IBMやAWSだけでなくMicrosoft Azureも強いことを、本件で改めて驚かされました。MicrosoftのAward受賞のほか、昨年はMicrosoft Cloud Partner Programにて最上位の「Specialzation」に認定されたと聞いています。何よりの信頼感であり、安心して依頼させて頂きました。

 

Azure Stack HCIの導入効果


PSC 小笠原)実際にAzure Stack HCIを導入されて、結果は如何でしたでしょうか。

 

ハイブリッド環境の運用で柔軟なリソース管理が可能となり、システムの効率性向上と人的運用コストを削減。また従来のオンプレミス環境と比較して、ハードウェアやエネルギーなどのコスト削減も実現できました。

 

 

オンプレミスはコストも期間もかかり保守の運用コストは膨大。しかし、自由に構築ができることやセキュリティの高さ、ネットワークの安定性などのメリットも見逃すことはできません。そこでオンプレミスとクラウドを同時利用することで、経済性と機能性とを同時に手に入れることができました。両者のメリットを享受できるのがハイブリッドクラウドの大きなメリットと実感。正に、先進技術のチカラを切に感じた瞬間です。

 

また、クラウド化による一番の不安点であったのはセキュリティ面。この点も、ハイブリッド環境でしたら、全てのシステムをクラウドへ移行するのではないので、これによるセキュリティリスクの回避も可能です。また、設計導入していただくPSCさんは、自社施設としてSOC(セキュリティオペレーションセンター)を保有する「セキュリティサービス」も提供している企業という安心感。ベンダーの「セキュリティ強度」はクラウド化のマスト条件と言えます。

 

さらに、重要な要件の一つだったコスト面。どういった構成にするのかによって、クラウドであってもコストが上がってしまうケースも耳にします。システム全体をクラウド移行する前に、既存システムと同等以上の性能が得られるかなど予め検証。随時、私たちの要望・要件に耳を傾け寄り添いながら進めて頂いたPSCさんだからこそ運用面・経済面のコストダウン、さらには安全面が図れたと感じています。

 

先進的技術で応え続ける、お客様からの期待。

「Microsoft×PSC」というコラボレーションにより実現した基幹システムの刷新。次なる目標は、これを礎とした常に先進的な技術を導入し続けることです。当社は、お客様にとってよりスピーディに、より利用しやすいサービス提供を追究しています。その為にも、当社自身がより先進的な企業の在り方、働き方を追求することで、お客様へ必要とされる企業、応えられる企業であり続けられると考えています。
その為に、PSCさんには引き続き利用しやすいサービスで、寄り添い続けて欲しいと思います。

 

セキュアなクラウド実現をサポート
「PSC Cloud Service」

 

 

イーストウエストコンサルティング株式会社

代表取締役社長

室松 信子 様

室松 信子 様

株式会社ピーエスシー

営業本部 リーダー

小笠原 彩葉

小笠原 彩葉

関連事例

Teams Roomsで実現「拠点をつなぐ高次元コミュニケーション会議」

株式会社藤田建装 様

Teams Roomsで実現「拠点をつなぐ高次元コミュニケーション会...

Power Appsで挑戦「Microsoft徹底活用(日報データ分析)」

株式会社サカタ製作所 様

Power Appsで挑戦「Microsoft徹底活用(日報データ分...

 社外だけでなく「社内のメール誤送信」もゼロ0へ

株式会社新盛インダストリーズ 様

社外だけでなく「社内のメール誤送信」もゼロ0へ