【ChatGPT】生成AIの主な種類とその比較「実用性とビジネスシーンでの選び方」

Perfect Finder

 

【ChatGPT】比較検証で見えた「AIの特長」

gen_ai_main.jpg

 

人工知能のひとつ「生成AI」とは


生成AIとは「ジェネレーティブAI(Generative AI)」とも呼ばれるAI(人工知能)の一種です。予め用意された回答を「提示する」のではなく、事前に学習を重ねた情報から回答を導き出し「生成する」のが特長です。

画像や動画、音楽の生成だけでなく、おすすめの料理レシピや映画を提案してくれるなど、日常での活用。更には、要約文の作成やアイデアのまとめ、プログラムコードのチェックなど、ビジネスシーンにおける活用も期待されています。

中でも話題の「ChatGPT」は、Microsfot Azure向けサービス「Azure OpenAI Service」として利用が可能に。ビジネスシーンでの活用の準備が整い、ますます期待されています。

pf_main_0328.png 

 

【最新の利用状況】実践的な活用はこれから


昨年2022年末より利用できるようになった「ChatGPT」はメディアでも取り上げ、多くの人が知ることとなりました。しかしながら、野村総合研究所によるChatGPTに関する調査では、日本国内における認知度が69%であるのに対して利用率は15%。まだまだ一部の方にしか利用されていないことが分かります。

また、世界のChatGPTアクセス数のランキングでは、日本は世界3位。世界を見ても実践的に活用される時代はこれからと言えます。

pf_main_0328.jpg

出典:NRI「日本のChatGPT利用動向 2023年6月」

 

比較検証「生成AI」の実用性と特徴とは


生成AIは、高度な技術ながら数多くのモデル(サービス)が発表されており、特長も様々です。話題のChatGPTはAzure上でのサービス提供だけでなく、Webブラウザ「Microsoft Bing」にも搭載されており、すぐに利用可能。利用のしやすさの観点では非常にレベルが高いと言えます。

では、その性能(回答の質)はどうでしょうか?
いくつかの代表的な生成AIに対して「旅行計画の作成をリクエストした場合」の回答の違いをご覧ください。各AIの特長から見えてくる活用のポイントをご紹介します。

      

Generative AIを比較
特長と活用ポイントとは

   btn_pf_genai.jpg

     

    

Microsoft Cloud Partner Program  FastTrack Ready Partnerマイクロソフトジャパンパート―オブザイヤー2年連続受賞

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

■Perfect Finder

https://perfect-finder.com/

関連トピックス

【脱・IT人材不足】社内ヘルプデスクはAIが解決

【脱・IT人材不足】社内ヘルプデスクはAIが解決

2024.01.17