【マルチクラウドの新常識】AWSのバックアップはAzure へ

【期限迫る】2025年までにマスト「Cloud DX」

AzureでAWSバックアップ

 

既存の常識が通用しない2025年の崖

COVID-19や気候変動、さらには四半世紀ぶりとなる深刻な円安など、先を見通すことが難しくなっている昨今。予測不能な状況下においても企業が迅速かつ柔軟に対応していく上では、「2025年の崖」を乗り越えられるITインフラを早急に整備することが必要不可欠です。

「2025年の崖」を越えるため、各社とも「データドリブン」「データの可視化」「データの統合管理」など、生産性向上・業務効率化のための取組を行っています。
当社にも、これらの相談は多く頂いておりお客様企業のDX推進をサポートさせて頂いております。

しかし注意すべきは、生産性向上・業務効率化の観点のデータマネジメントだけではなく、セキュリティ・ガバナンス・サスティナビリティの観点でのデータマネジメント。いかに優れたデータでも保護されていなければ、万一の際には水の泡です。

この状況を受け、加速しているのがクラウドへの移行。基幹系システム・データのクラウド移行、さらにはそれらの利活用と合わせて問われるのが「データのバックUP」です。

そこで、
近時注目されているのが「信頼性のあるクラウドのマルチ化」
運用にかかる負荷やコストを削減し、ビジネスの俊敏性を高めます

image 107.png

 

クラウドに関するご相談はこちらPSC Cloud Service

 


FastTrack Ready Partner

マイクロソフトジャパンパート―オブザイヤー2年連続受賞

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

■PSC Cloud Service

https://psc-cloudsite.com/

関連トピックス

【SOC】ゼロトラスト時代だからこそのセキュリティ運用

【SOC】ゼロトラスト時代だからこそのセキュリティ運用

2021.05.27

【運用で格差】AWS WAFの効果を最大限確保する方法

【運用で格差】AWS WAFの効果を最大限確保する方法

2021.03.12

【AWS WAF】導入メリットと運用のコツ

【AWS WAF】導入メリットと運用のコツ

2021.02.17