【オンラインビジネスの命綱】商用サイト診断・ネットワーク診断

【ECサイトの命綱】脆弱性診断の実施範囲と必要性

main_20210928.png

 

「商用サイト・ネットワーク」に潜むセキュリティリスク


<①商用サイトに潜むリスク>
ECサイトをはじめとする商用サイトでは、利用者の情報を多く扱います。利用者の情報は悪意のある第三者にとって格好の的であり、商用サイトは「システムへの不正アクセス」「サイト改ざんによる情報の不正送信」と言った攻撃の対象になります。

 

<②ネットワークに潜むリスク>
対策が必要なのは商用サイト(サーバー)に限りません。構成するネットワークにもリスクは潜んでおり「通信データの盗聴」と言った攻撃にも注意が必要です。
なお、商用サイトを運用するために、専用のSaaSサービスを利用しているからと言って安心する事は出来ません。ネットワークのリスクは運用している企業のネットワーク環境に依存する見逃せないリスクです。

サイバー攻撃は年々増加しており、対策が不十分な場合、被害に合う可能性は高まり「損害賠償の発生」「商用サイトの停止」と言った事態を招きます。例えオンラインビジネスが事業の中心でなくても、攻撃の被害に遭えば信頼性を欠く事になります。

 

「脆弱性診断」から始まるオンラインビジネス


各局面に潜むリスクは「最新の脆弱性診断でその多くを把握」することができます。

自社の商用サイトやネットワークのリスク把握を長らく実施していない場合は、脆弱性診断によりリスクを洗い出し、以下の対策を講じる必要があります。
①運用中の商用サイトに対しては「システム構成の見直し」「継続的なシステムのバージョンアップ」更には「不正アクセスの常時検知」「改ざんの常時検知」
②ネットワークに対しては「ネットワーク構成の見直し」「セキュアなアクセスの確保」

 

業界最高峰の品質を
業界最安値で

btn.png

 

 

security_service.png

 

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

■その他セキュリティサービス

https://www.psc-securities.com/

関連トピックス

【WAF選定基準】IPA発表「2022セキュリティ10大脅威」

【WAF選定基準】IPA発表「2022セキュリティ10大脅威」

2022.08.04

中小企業向け【Windowsを守る】Microsoft「Defender for Business」

中小企業向け【Windowsを守る】Microsoft「Defend...

2022.06.30

【新手フィッシング詐欺】思い込みを逆手に取った手口

【新手フィッシング詐欺】思い込みを逆手に取った手口

2022.06.02