Windowsのシンクライアント化で変わる3つのポイント

業務環境をクラウドに集約するメリットとは!?

昨今、様々なウェブサービスが便利になり、多くのことがクラウドで実現できるようになりました。しかしながら、重要なデータを扱ったり、複雑な業務を行うためにはまだまだ端末にインストールしたアプリケーションの力が必要です。端末やデータのセキュリティを向上するためには、アクセス認証の強化や、データの分散化/暗号化など様々な方法がありますが、OSであるWindowsごとクラウドで利用するのも有効な手段です。
働き方改革の一環として、マイクロソフトのAzureを活用した「Azure Virtual Desktop」をぜひ一度ご検討ください。

windowsクラウド化

 

❶端末を紛失しても安心!端末にデータを残さない

Windowsをクラウドで利用する場合、手元の端末はクラウドのWindows環境に接続するためだけに必要な端末にすることができます。従来と同様にWindowsを利用しても端末本体にはデータは残らず、万が一端末を紛失しても、第三者にデータが読み取られることはありません。

windowsクラウド化メリット

 

データ移行の手間なし!端末が故障してもすぐに業務を再開できる

急に端末が起動しなくなったり、物理的に端末が破損することは避け難いリスクです。例え新しい端末をすぐに用意できたとしても、使い慣れたWindowsの状態とは異なり、すぐに従来通りの業務を再開することはなかなかできません。

windowsクラウド化メリット

 

❸急用にも対応!スマホからアクセスできる

移動中に急遽資料を送付する必要があり、オフィスの外でパソコンを開くなんてことありませんでしょうか?Windowsリモートデスクトップでは、クラウドで全ての処理が行われるため、スマートフォンでも、いつものWindows環境を利用することができます。

windowsクラウド化メリット

 

Microsoft Partner Of The Year

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

■特設サイトのご案内

>> 「テレワーク」に関するサービスはこちら

>> 「セキュリティ」に関するサービスはこちら

関連トピックス

中小企業向け【Windowsを守る】Microsoft「Defender for Business」

中小企業向け【Windowsを守る】Microsoft「Defend...

2022.06.30

【企業ガバナンス】PC紛失「事例から学ぶITマネジメント」

【企業ガバナンス】PC紛失「事例から学ぶITマネジメント」

2022.04.14

【エンドポイントSECURITY】被害拡大を防ぐ仕組と運用

【エンドポイントSECURITY】被害拡大を防ぐ仕組と運用

2021.10.28