【事例で学ぶ】コンテナ技術の利活用

【マイクロサービス】国内普及率や課題、勘所のA to Zをご紹介

20221109cloud_mail.png

 

コンテナの歴史と普及率

コンテナは皆さんもよく知っている仮想化技術の一つです。仮想化技術の歴史は1960年代まで遡ります。
1990年代までは複数ユーザーによる単一コンピューターの利用には、別の技術が主に採用されていました。
その後、ホスト型、ハイパーバイザー型の仮想化技術が主流となり、それらの課題を解決する技術(上位互換ではない)の一つとして、コンテナ型の仮想化技術が生まれ、2013年に登場するDockerと2014年のKubernetesにより爆発的に普及していきます。
コンテナの構築に特化した「Docker」とコンテナの管理に特化した「Kubernetes」というプラットフォームがオープンソースで提供されている点も普及に拍車がかかった要因と言えます。

アセット 9@3x.png

 

マイクロサービス

マイクロサービスとは、アプリケーションの各部分をより小さく、より専門的なサービスへと分割したもので、アプリケーションを一枚岩の「モノリシック」なプログラムとしてではなく、複数のサービスや機能を疎結合させて構築します。
コンテナはマイクロサービス開発及びデプロイと非常に相性が良い為、同時に語られるケースが多い技術要素です。

アセット 10@3x.png

 


FastTrack Ready Partner

マイクロソフトジャパンパート―オブザイヤー2年連続受賞

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

■PSC Cloud Service

https://psc-cloudsite.com/

関連トピックス