【Microsoft Teams】活用の裏技3選

【Teams活用】チャットに便利な機能をお届け!

テレワークに便利なTeamsですが、利活用できていますか?Teamsの機能を使い倒して、より生産性の高いテレワークを実現するため、意外と知らない機能をいくつかご紹介いたします。

 

teams_1_index.png

「毎日報告で利用するチャット」や「主要なチームのチャット」を一覧から探す手間をなくす方法

teams_1_image.png

頻繁に確認するチャットルームを上位に表示

Teamsのチャットグループおよびチームの一覧は、ドラッグで並び替えられるほか、ピン留めし上位に固定表示することができます。

■チームを並び替える

Teamsのチーム一覧は、ドラッグすることで任意の順番に並び替えることができます。

■チャットのグループ、チームのチャネルをピン留めする

チャットのグループおよび、チームのチャネルはそれぞれのメニューからピン留めすることができます。ピン留めしたグループおよびチャネルは、一覧の上部に固定表示することができます。

※ピン留めした一覧も、ドラッグにより任意の順番に並びかえることができます。

 

teams_2_index.png

「先週共有された資料が見つからない」「報告を再送してもらう」といった面倒を無くす方法

teams_2_image.png

報告や資料をすぐに読み返す

複数のチャネルに参加していたり、流れの速いチャットに参加している場合、読み返したいチャットを後から見つけるのは手間がかかります。読み返したいチャットはブックマークに保存し、簡単に確認することができます。

■チャットをブックマークに保存する

任意のチャットのメニューから「このメッセージを保存する」をクリックすることで、ブックマークに保存することができます。

■ブックマークしたチャットの確認

ブックマークしたチャットは、画面右上のユーザーアイコン内のメニュー「保存済み」から確認することができます。

※ ブックマークは PC とスマホとで同期されます。

 

teams_3_index.png

社内のお知らせを確認するためだけに、ブラウザを起動しページにアクセスする手間を無くす方法

teams_3_image.png

社内システム・お知らせに瞬時にアクセス

Teamsでは様々な情報を共有できますが、ユーザー間での情報共有を目的としています。社内システムへのリンクや、全社向けのお知らせはポータルサイトに集約し、サイドメニューに表示すると便利です。

■ポータルサイトをサイドメニューに表示

Teamsの管理者は、構築したアプリケーションをユーザーのサイドメニューに配布することができます。ポータルサイトを構築し、サイドメニューに表示することでブラウザを切り替えたり、アクセスする手間なしに情報を届けることができます。

※弊社では社内向けの掲示板アプリと連携したポータルサイトを提供しています。

 

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

Teams認定アプリ「Coo Kai活動分析」

https://www.coo-kai.jp/office365/lineup/activity-analysis/

Teams認定アプリ「Coo Kai Team Build

https://www.coo-kai.jp/office365/lineup/teambuild/

関連トピックス

Microsoft Cloud Partner Program最上位「Specialization」認定 Modern Work領域での高い専門性と実績

Microsoft Cloud Partner Program最上位...

2023.01.16

【2023年1月限定│無償WorkShop】FastTrack Ready Partnerが贈る「Power Platform & Teams 利活用」ハンズオントレーニング!

【2023年1月限定│無償WorkShop】FastTrack Re...

2022.12.26

【活用事例】Power Automateで始める業務効率化

【活用事例】Power Automateで始める業務効率化

2022.10.05