データ移行の事例とナレッジ

異なるプラットフォーム間のデータ移行に関する事例&ナレッジを大公開!

ニューノーマル時代の今、大きな業務変革を求められている企業様が多いと思います。「何から手を付けて良いかわからない」「移行元、移行先双方のシステムに精通した社員がいない」「スケジュール通りに移行が完了するか判断がつかない」といった悩みを抱えたまま、プロジェクトの開始が迫っている企業様もいるのではないでしょうか?本日は、見落としがちな【意外と知らない】移行のノウハウについて、ポイントを説明します。

データ移行ノウハウ

 

業界歴25年の実績があるからこそ語れる、当たり前以上の視点

POINT1

断捨離が重要!

全ての機能要件を叶え、現状と同じ状態を再現する事は現実的ではありません。
何を捨て、何のレベルを下げるか、お客様へ提案出来るスキルが必要です。
業界歴が長く、実績が豊富なスペシャリストへアウトソーシングすることで、お客様への説得力を増加させる事が可能となります。

POINT2

段取りが全て!

データ移行のスピードは、仕様以上に速くなる事はありません。
確定したスケジュールから遅延する事を見越して遅延要因と対策を事前に提示しておく事で、慌てずにプロジェクトを遂行する事が可能となります。

■POINT3

テストパターンはノウハウの活用が重要!

最大スピードと最小スピードの両方を加味して試算する事は理解できていても、最小スピードとは何かを理解している人はごく僅かです。
これは想像力も必要ですが、圧倒的に過去の失敗がノウハウの源泉となります。
理論値だけではなく失敗から学んだデータを効率的にテストに組み込む事で、より現実に近付いた結果を導き出す事が可能となります。

公共機関 メール移行事例

 

業界歴25年の実績の一部を大公開

公共機関 メール移行事例

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

PSCオフィシャルサイト

https://www.psc-inc.co.jp

関連トピックス