【ランサムウェア被害】一時の落着きは幻「高まる対策の重要性」

PSC SECURITY.png

 

【被害額220%UP】事例から学ぶ「ランサムウェア対策」

websecurity_202405_main.jpg

   

ランサムウェア被害額は「増加傾向」

JNSA(日本ネットワークセキュリティ協会)はサイバー攻撃の脅威と、対策の重要性をまとめた「インシデント損害額 調査レポート(第2版)」を公開。レポートによると、2023年のランサムウェアに対する身代金支払額は、平均で1億円弱、中央値で3,000万円弱。前年2022年と比べ、平均被害額の増加は220%にも及ぶ結果となった。

             

ランサムウェアに対する
身代金支払額の推移(ドル表示)

websecurity_202405_report.png
出典:JNSA「インシデント被害額 調査レポート 第2版」(69ページより)

    

ランサムウェアは、あらゆる端末・サーバーが標的になることから、他人事にはできない脅威です。JNSAのレポートでは「国内の被害事例」や「有識者のコメント」を多数掲載。自社の環境と照らし合わせ、その脅威を正しく理解する必要があります。

           

新たな脅威に晒される「Webサイト」

中でもランサムウェアの攻撃の標的になりやすいのが「Webサイト」。特に、個人情報を多く扱う「ECサイト」では、事業存続に関わる問題に直結。ランサムウェアに対する巨額の身代金の支払いだけでなく、ユーザーに対する信用問題を招きます。

標的となるWebサイトについては、構築時に発見した脅威に対して対策ができていたとしても、攻撃手法は年々巧妙化。刻々と新たな脅威に晒されることを認識し、定期的な診断を実施する必要があります。

     

2_new.png   

    

  

 

     

Microsoft Cloud Partner Program  FastTrack Ready Partner マイクロソフトジャパンパート―オブザイヤー2年連続受賞

 

 

■お電話でのお問合せ

0120-061-044

■メールでのお問合せ

insidesales@psc-inc.co.jp

関連トピックス

【ECサイト診断】義務化まで1年「必要な準備とは」

【ECサイト診断】義務化まで1年「必要な準備とは」

2024.02.29

【危険性TOPレベル】Log4Shell「Web改ざんリスクの脆弱性」

【危険性TOPレベル】Log4Shell「Web改ざんリスクの脆弱性...

2022.03.25

【緊迫情勢】紛争とセキュリティリスク

【緊迫情勢】紛争とセキュリティリスク

2022.03.17